カードローンは他社借入があっても審査に通る!?

カードローンやキャッシングに申し込む際は必ず他社借入件数や借入金額を尋ねられます。

 

「新規でカードローンを申請したいけど、すでに他社で借入をしているから審査に通らないのでは?」

 

と思っている方もいるでしょう。

 

当然ですが他社借入件数が多いほど審査に通りにくくなります。ただ1社〜3社程度の借入件数であればよほどの借入金額でない限り新たに申し込むことは可能です。

 

実際に、カードローンの審査において他社の借入状況はとても重要な審査基準となっており、他社借入が多ければ多いほど、審査通過が厳しくなりますが、他社借入があっても条件によっては銀行や消費者金融からお金を借りることができます。

 

当サイトでは他社借入があってもカードローンでお金を借りられる条件や、審査に通りやすい申込方法を紹介します。

他社借入件数とは?他社借入に含まれるローンと含まれないローンがある

他社借入件数とは、これまでにカードローンの利用があって現在も返済を続けているローン会社の数です。

 

カードローン審査において「他社借入件数」に含まれるローンと含まれないローンがあります。

 

他社借入件数に含まれるローン

カードローン、フリーローン、教育ローン、クレジットカードキャッシング枠など

 

他社借入件数に含まれないローン

住宅ローン、奨学金、親戚からの個人的な借入、クレジットカードショッピング枠など

 

金融機関での無担保ローンは基本的に他社借入に含まれると考えてよいでしょう。

 

例えば、銀行で借りる「教育ローン」は他社借入に含まれますが、学校や国から融資を受ける「奨学金」は他社の借入に含まれないということです。

 

金融機関によっては他社借入に含まれるローンが異なる場合があるので、審査の前に問い合わせるとよいでしょう。

 

クレジットカードのショッピング枠のリボ払いは他社借入に含まれない

「クレジットカードのリボ払いは他社借入に含まれるの?」という質問をよく聞きます。

 

クレジットカードの場合、ショッピング枠のリボ払いは、基本的に他社借入に含まれません。

 

プロミスのお試し診断にはクレジットカードでのショッピングのリボ払いは他社の借入金額には含まないと明記しています。

 

ただし、キャッシング枠でお金を借りて、リボ払いで返済している場合は他社借入に含まれるので注意が必要です。

 

カードローン審査の申込みで、クレジットカードのリボ払いについて記入する欄があれば、正直に記入するようにしましょう。

他社借入が1〜2件ならカードローン審査が通る可能性が高い

カードローン審査において、他社の借入状況を見る時は、借入金額よりも借入件数が重要視されるので他社の借入件数が少ないほど、カードローンの審査に通りやすいのは事実です。

 

例えば他社の借入金額が100万円でも、1社から100万円を借りている人と、2社から50万円ずつ借りている人では、1社から100万円を借りている人の方が審査に通る可能性が高くなります。

 

1社から100万円を借りている人は、1社で十分な金額が借りられるくらいの経済力と返済能力があると評価されるのに対し、2社から50万円ずつ、合計100万円借りている人は返済能力が低いため1社では十分な融資が得られず、2社から借りざるを得なかったのだろうと判断されてしまうのです。

 

カードローン審査に通る他社借入数の基準

「他社借入は何件までなら大丈夫なの?」と思っている人も多いでしょう。

 

カードローン審査に通る他社借入数は、1〜2件です。

 

他社借入件数が1〜2件なら、消費者金融でも銀行カードローンでも審査に通る可能性は高いです。

 

金融機関のホームページでできる「お試し診断」で年齢30歳、他社借入件数2件、借入金額60万円で診断したところ、利用可能と診断されました。

 

他社借入件数が3件の場合は、審査が厳しくなるので追加で融資を得るのは難しくなりますが、他の信用情報が良好なら審査に通る場合があります。

 

審査の厳しい大手銀行カードローンよりも、消費者金融の方が審査に通る可能性が高いと考えられます。

 

他社借入が4件の場合は、カードローン審査に通るのはほぼ不可能と思ってよいでしょう。

 

おまとめローンへの借り換えなら、審査に通る可能性があります。

 

他社借入件数が5件を超えると、どの金融機関でも審査に通ることはありません。

 

他社借入件数 審査通過状況
1件〜2件 通る可能性が高い
3件 通るのが難しい
4件 ほぼ通らない
5件以上 通らない

 

他社借入件数の多い人がお金を借りる方法

他社の借入が多くて、カードローンでお金を借りることができないという人は、おまとめローンに借り換えるなど、借金をまとめて他社の借入件数をできるだけ減らす努力をしましょう。

 

一度に全ての借金をまとめるのが難しいときは、2社だけというように借金の一部をまとめるだけでも他社借入件数を減らすことができます。

 

おまとめローンを利用せず、地道に返済するのであれば、完済間近の1社を集中して繰り上げ返済し、できるだけ早く完済してしまいましょう。

年収の3分の1を超えるお金を借りるなら総量規制対象外の銀行カードローン

消費者金融のカードローンは、総量規制によって年収の3分の1を超えた金額のお金を借りることができません。

 

3分の1の規制は、「1社ごとの借入金額が年収の3分の1まで」という意味ではなく、「規制対象の金融機関で借りたお金の総額が、年収の3分の1を超えてはならない」という意味になります。

 

年収が300万円の人が消費者金融のカードローンを利用しようと思ったら、合計100万円までしか借りることができないのです。

 

たとえ他社の借入が1〜2件で、信用情報に問題がなかったとしても、他社ですでに70万円を借りていたら、消費者金融カードローンでは30万円までしか借りられないということになります。

 

他社の借入を消費者金融カードローンでおまとめするのは難しい

 

実は総量規制の例外として、おまとめや借り換え目的なら、年収の3分の1を超えた金額を消費者金融で借りることができます。

 

ですが、実際にこの例外に該当するのは大変難しいのです。

 

総量規制の例外に該当するには2つの条件をクリアしなければなりません。

 

  1. 毎月の返済金額が減らなければならない
  2. 返済総額が減らなければならない

 

毎月の返済金額を減らすと、返済期間が長くなり返済総額が増えてしまいます。

 

返済総額を減らすためには、毎月の返済金額を増やさなければなりません。

 

つまり、両方の条件をクリアするのはとても難しいのです。

 

銀行カードローンなら年収の3分の1を超えてもお金が借りられる

 

「他社での借入がすでに年収の3分の1に近づいている」

 

「おまとめや借り換えとして、まとまったお金が借りたい」

 

という人は、消費者金融のカードローンではなく、銀行カードローンを利用するとよいでしょう。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、審査が通れば、年収の3分の1を超えたお金を借りることができます。

 

銀行カードローンは消費者金融のカードローンよりも低金利なので、安心して借りられるのも魅力です。

他社借入件数の申告で嘘をついたらお金を貸してもらえない

他社の借入件数が多く、カードローン審査が通るか不安な人のなかには、申し込むときに借入件数を少なめに申告する人もいるようですが、絶対に嘘の申告をしてはいけません。

 

他社の借入件数は嘘をついてもすぐにバレます。

 

今までの借金の記録は、信用情報機関の「JICC(日本信用情報機構)」「JICC(日本信用情報機構)」「全国銀行個人信用情報センター」で管理され、金融機関に共有されています。

 

申込み内容や返済状況まで「信用情報」として記録されており、審査では信用情報を必ず確認されるので、他社借入を隠すようなことはできないのです。

 

他社の借入を正直に申告にしていれば融資をしてもらえたのに、嘘の申告をしたことによって「信用できない人」と判断され審査に落ちてしまうこともあります。

 

もちろん5社以上の借入は正直に申告しても審査に通りませんが、1〜3社までの他社借入件数は正直に申告するようにしましょう。

カードローンお試し診断で他社借入があっても融資可能かチェックする

アコムやプロミスなどの消費者金融カードローン、そして三菱東京UFJ銀行や楽天銀行などの銀行カードローンのホームページでは「お試し診断」をすることができます。

 

お試し診断では次の内容を入力するだけで瞬時に融資可能か判断してくれるので、大変便利です。

 

  • 生年月日もしくは年齢
  • 年収
  • 性別
  • 既婚・未婚
  • 保健所種別
  • 他社借入金額
  • 他社借入件数

 

入力する内容はカードローン会社によって異なりますが、年齢と他社借入状況を含む3つの記入事項が用意されていることが多いです。

 

もちろん、お試し診断で「融資可能」と診断されたからといって必ず審査に通るとは限りませんが、申し込む前の目安として利用するとよいでしょう。

【まとめ】他社借入があってもカードローンを借りるなら、借入件数を減らそう

他社借入があってもカードローンでさらにお金を借りる場合、他社借入件数が重要な審査基準になります。

 

他社借入が3件を超える人は、ダメ元で申込みをするよりも、おまとめローンに借り換えて借入件数を減らしてからカードローンを申し込むようにすると審査に通る可能性が高くなるでしょう。

 

消費者金融のカードローンを利用する場合は、総量規制にも注意してください。

 

審査に通るか不安な場合は、申込む前に「お試し診断」で、融資可能かどうかチェックしましょう。